現代っ子の体格と食生活の問題点

記憶するとアルバイト > 子育て > 現代っ子の体格と食生活の問題点

現代っ子の体格と食生活の問題点

血液や体液など人間の体の内部の水分は、肝心なはたらきがあります。水の恩恵を改めて考えると、大腸の蠕動運動を活性化してスッキリに役立ったり、美しい肌作りに貢献したり、食事前に飲むと消化液を出して消化にもプラスだったり、排尿と発汗の流れをサポートし毒素や老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)の排出に貢献しています。さらに疲労を感じた時やいらたつ時もそれを緩和する効果が水にあるのだそうです。

 

 

幼児の時は生活リズムをきちんと作りましょう。

寝付くのが遅くなるほど、起床時間も遅れてしまい、生活時間も段々ズレが生じていきます。

その結果、自律神経系統の制御を狂わせて、大きくなるに従って、心や体の問題を抱えることがあります。幼児期に期待される睡眠の時間は、午後8時からAM6時までの10時間となります。

 

 

このリズムが3歳ごろまでに習慣化されていると理想的です。

野菜ジュースにはミネラルが多くふくまれます。ミネラルは体を創る元となるとともに、食べ物を消化したり吸収すること、余分なものの排出、体内活力の産生など生理作用をいい具合に整えるはたらきがあります。

 

さらに野菜には排便状態を整え、腸内をきれいに掃除してくれる食物繊維が多くふくまれているのだそうです。

 

 

こうした栄養は体内で合成することはできませんから、食事によって摂取することが大切なのだそうです。

 

 

 

人間の脳はたった3歳か4歳ぐらいで成人の脳の約85%にも発達していきます。

それからは訓練によって少しずつ発達し、筋肉を鍛えて強くするのと同じように、知的トレーニングを行なうことで能力が高まっていきます。特にカルシウム・ビタミンB1などの成分は脳を鍛えていく上での中心となる成分なのです。

 

 

そして忘れてはならない青魚に多くふくまれるDHAは脳神経の連携を活発にする作用を持っています。

 

 

 

心身ともに大きく育っていく子は栄養面でよく考えられた食事メニューを美味しく食べられることが重要です。

 

ですが、必要量以上にバク食いすると、もともと身体が求める滋養分の適切な構図が破壊されることがあります。

 

 

 

某保育園ではおこちゃまが自身で食べられるだけの食事をつがせ、こども自身の欲している容量の実感出来るように指せているようですが、効果的な手段といえそうです。

 

こども立ちの便秘は近年増加傾向にあります。便秘を抱える小児ほど、ちょっとしたことで疲れ切ってしまったり、物事に集中できないなどの不調がみられます。スッキリしていないことが発覚したらすぐに対処しましょう。

 

こどもむけの下剤やイチジク浣腸も入手できますが、それは安易に使うのではなく最後の手段ぐらいにとらえておきましょう。本来の自分の力によるお通じを取り戻せるよう食習慣や生活リズムが整うようにバックアップしてやりましょう。

 

 

現代っ子は体格にも恵まれ身長も高く、手や足の長さも長く、旧時代の人立ちよりクールなスタイルです。

 

この原因は糖質をよく食べる和の食事習慣から肉などをよく食べる欧米食に好みが変化してきたことがあります。

 

しかし、糖尿病(自覚症状はあまりないことが多いですが、合併症により深刻な後遺症が残ったり、死に至ることもあります)やガンなど昔の日本では深刻ではなかった病気が多くなっているのだそうです。もっと心配なのは小児の生活習慣病・肥満も格段に多くなってきている状態です。

 

おこちゃまさんに日々のお手洗いタイムをしっかりと指せそのことの価値を学ばせるための中心がこどもにたいする親の教育です。

 

 

 

ブレックファーストをしっかり摂って、便意を感じたらお手洗いに座る、それを習慣として体に覚えこませましょう。

 

そうして、毎日の排便が体の調子を教えてくれる重要な目印であると教えましょう。

 

 

 

いいウンチは、あまり臭くなくて、バナナ型ではじめはプッカリと浮いて、徐々に沈殿していく感じです。子供の受験はサプリメントの力で勝つ!

 

 

 



関連記事

  1. 現代っ子の体格と食生活の問題点
  2. 子供の食べ物から病気知らずの身体づくりを